• 読み物
  • 【うり坊動画付き】沖縄にイノシシいたんだ!7月のシークヮーサー農園の様子をご紹介

【うり坊動画付き】沖縄にイノシシいたんだ!7月のシークヮーサー農園の様子をご紹介

<?php the_title(); ?>

はいさい!沖縄シークヮーサー本舗のしもじです!

沖縄の梅雨も明け、
夏の暑さが本番を迎えた7月のシークヮーサー農園の様子をお届けします。

■7月のシークヮーサーはこれくらいの大きさ

私たちの農園の場所は世界自然遺産にも登録されている”やんばる”の森からすぐ近くにあります。

やんばるの森の中のシークワーサー
▲背後に見える巨大なヤシのような植物はヘゴの木。まさに亜熱帯の森林が広がっています。

シークヮーサー果実の周辺は写真のようなジャングルが広がっており、太古から残り続けるやんばるの豊かな自然の中、育てています。

沖縄では6月中旬から下旬には梅雨が明けます。
それからは、サンサンと降り注ぐ太陽光を養分にして、シークワーサー果実は成長の本番を迎えます!

こちらが現在の果実の大きさです。

7月のシークワーサーと10円玉の比較
▲10円玉とほぼ同じ大きさです。

9月には青切りシークヮーサーの収穫時期です。
今の大きさから2倍くらいには膨らみますので、とても急速な成長ですね。

また、シークヮーサーの果実は中にある種を紫外線から守るため、皮にたくさんのノビレチンを蓄えると言われています。
沖縄の日差しはそれほどにも強烈です。

このノビレチンが人間にとって貴重で栄養価が高いとして注目されているのは、とても不思議に感じますね。

■農園を見回りしていたスタッフが撮影したのは…

さて、そんな夏のまだ涼しい早朝。

農作業をしていたスタッフが「おや?」となにかを見つけました。


▲茂みの向こうに4本足…?

んんん???


この姿はもしかして…?

■イノシシに掘り起こされてる~~~~!!!!

あああああああ!!!!!
地面が掘り起こされてる~~~~~~~~~~~!!!!!

イノシシに掘り返された地面

初めて知る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

沖縄には”リュウキュウイノシシ”という在来種のイノシシが生息しています。

旅行で沖縄を訪れたことがある方でも
なかなか見る機会も、知る機会も無いかもしれません。

主に沖縄県北部、やんばるの森の中に生息しており、
本土に生息している”ニホンイノシシ”に比べて体の大きさも半分くらいで、キバも突き出ていません。

イノシシの大人(成獣)
イノシシの成獣
写真提供:環境省やんばる自然保護官事務所

イノシシの子ども(うり坊)
イノシシの幼体
写真提供:環境省やんばる自然保護官事務所

■イノシシ、なんで地面を掘り起こしてたの?

地面を掘り起こすイノシシは何をしていたのでしょう?


動画提供:環境省やんばる自然保護官事務所

リュウキュウイノシシはこうして鼻を使って土を掘り返し、ミミズやカブトムシの幼虫のようなイモムシを探して食べているのだそうです。

今回は写真にある広さで済んでいますが、家族など複数頭でやってきて、もっと広い範囲の土を掘り起こしてしまうこともあります。

■イノシシに掘り起こされて困ることってあるの?

農園スタッフの話によると

「既に大きくなってるシークヮーサーの木であれば除草のときに不便だったり、雨が降った後だと足場が悪くなって見回りが不便になるくらいで、そこまで実害は無いんです。

だけど、植えたばかりの作物だと…。
例えばパパイヤや、島とうがらしなどの新しい作物を根っこごと掘り返してダメにしてしまうので、それはとっても困るんですよ…。」

そこで私たちの農園では地元の猟友会に頼んで罠を設置しているのだそうです。

イノシシ用の罠
▲これがイノシシ用の罠。高さは大人の腰より少し上くらい。

イノシシ用の罠の奥行き
▲奥行きは150~160cmくらいで写真以上に大きく感じます。

ただ、罠を設置しても簡単にはかからないらしく、まずは周囲にエサをまいてから警戒心をといて、それから罠にエサを繋げるやり方を取る、と話をしていました。

■豊かな生態系を誇るやんばるの森(かわいい動画アリ)

ただし、私たちもイノシシの駆除に力を入れているワケではありません。

やんばる地域含めて「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が世界自然遺産に登録された理由として、生物多様性が突出しており、かけがえのない環境が高く評価を得ています。

私たちが商品にしているシークワーサーはそうした豊かな自然の恵みから、分けて頂いています。

人間の食糧生産の名の下に一方的な駆除を行うのでなく、共生を図りながら大切に育て、シークワーサーを皆さまにお届けできるように努めています。

最後に!
うり坊を間近で撮ることができた動画をぜひ御覧ください!

たまたま警戒心が非常に薄い個体だったのでこれくらいの距離で撮影できましたが、普通はすぐに走って逃げていきます 笑

うり坊、本当に可愛いですよねぇ…(*´ω`*)

これからも折を見て、シークワーサー農園とやんばるの自然を皆さまにお届けしてまいります!

今回の記事では
環境省やんばる自然保護官事務所 様より、リュウキュウイノシシの写真と動画をお借りしました。
誠にありがとうございましたm(_ _)m

記事を読んでの感想を選んでください。
  • 面白い (4)
  • もっと知りたい (3)
  • 素晴らしい (2)
  • 役に立った (0)
  • 学びがある (0)
大切なお客様へ

当社商品は保管や取扱いの状況によりまして、品質に変化が生じる恐れがあります。
そのため、転売は一切認めておりません。
当社より購入された商品を許可なく転売すること、又は転売を目的として第3者へ提供すること、購入後又は提供後の転売も禁止しております。 品質保証・品質管理・安全管理・その他転売取引に関してのトラブル等につきましても、当社は責任を負えませんので、ご注意ください。 なお、これら転売が確認された場合速やかに法的措置をとらせていただくことがあります。

転売品を購入された場合のご注意

転売品をご購入された場合の返品・交換はお受けする事が出来ませんので、予めご了承ください。

Arrows