• 新着情報
  • 2023年 沖縄カレンダープレゼント!! 坂本希和子さんが紅型で描く沖縄の1年(前編)

2023年 沖縄カレンダープレゼント!! 坂本希和子さんが紅型で描く沖縄の1年(前編)

<?php the_title(); ?>

はいたい(*^^*)
沖縄シークヮーサー本舗の仲村です。

11月24日より今年最後の
BIGセールが始まりました!
人気商品や新商品が
お得に買えるチャンスです\(^o^)/

さらに…シークヮーサー本舗では
年末セールにて1万円以上ご購入
いただいた方へ「オキトク特製カレンダー2023」
プレゼントしています。

このカレンダーがすごいんですよ~!
なんと沖縄を代表する伝統工芸品の
紅型(びんがた)で沖縄の1年を色鮮やかに表現してみました!

そして今回、制作を担当してくれたのは
「第31回りゅうぎん紅型コンテスト」にて
大賞を受賞された紅型作家の
坂本希和子さんです!

今回は紅型について、制作の様子や
坂本希和子さんのインタビューを交えながら
前編・後編にわけてご紹介します!

■紅型(びんがた)とは

紅型は14世紀頃の琉球王朝時代から
受け継がれてきた沖縄を代表する染め物です。

14世紀頃の琉球王朝は
日本や中国を含むアジア各国との交易を通して
いろんな染色技術が伝わってきました。
それらをチャンプルーして完成させたものが紅型染めです。
※チャンプルー…沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味

そのため、梅や雪、鶴などといった沖縄では見ることのない「日本由来のモチーフ」や、
龍や鳳凰など「中国由来のモチーフ」も多く描かれています。

色は中国や東南アジアの影響が強く、
黄・赤・紫などを使った
鮮やかで大胆な配色が特徴です。


▲琉球舞踊などの衣装としても使用されています。
観光で沖縄に訪れたことがある方はきっと目にしているかも!?

王朝時代は王族や士族が着る衣装として使われ、階級によって色や図柄で異なっていたそうです。

現在は着物やバック、お財布などの小物にも
幅広く用いられていますよ(^^)

■紅型制作の流れ

ここからは紅型がどのように作られているのかをご紹介します!

1.図案
今回はカレンダーに使う紅型を作るので
まずは各月ごとのテーマを決めます。

コチラは4月のイメージラフ。

▲スタッフ下地が描いたシーサー。カバ?河童??(笑)

スタッフが描いたラフをもとに
坂本さんが図案として描き直してくれたものがコチラ!

ステキですね~(≧▽≦)
これは仕上がりが楽しみです♪

2.型彫り
図案をもとに型紙を彫ります。
型を彫る小刀をシーグ、下敷きにはルクジューとよばれる豆腐を乾燥させたものを使います。

※シーグやルクジューについては次回、後編で詳しく説明します。

彫り終えた型紙に紗(しゃ)とよばれる
薄い網を貼り図面を固定します!

3.糊置き(のりおき)
生地の上に型紙をおき糊をつけます。
糊は防染の役割があり白く残したい部分
色が入るのを防いでくれます。

4.色差し
使うのは顔料を豆汁(ごじる)で溶いたもの。
※豆汁とは豆乳のこと。

5.隈取(くまどり)
濃い色を柄の輪郭などに入れぼかすことで
柄に立体感や動きなどアクセントをつけます。

顔料は色の粒子が大きく生地に馴染みにくいので、色差しや隈取りのときは2本の筆を使い分け
「色をつける」「擦り込む」ことで色を定着させます。

6.蒸し
色をしっかり定着させるために釜で蒸します。

7.水元
蒸しあがったら水にひたし糊を洗い落とします。

8.糊ふせ
背景を染めるため柄の部分に糊をのせていきます。

9.地染め
糊が乾いたら背景を染めていきます。

10.仕上げ
地染めが終わったら再度、蒸しと水元を行い
糊をしっかり落とします。

最後に、洗った生地を乾燥させれば完成!!

■完成した作品をチラ見せ!

それでは完成した作品を
少―しだけお見せしちゃいます!

まずはカレンダーの表紙!!

2023年の干支である卯(ウサギ)をモチーフにしています。

坂本さん
「こちらは18世紀頃に作られた型を
少し現代風にアレンジして作りました」

昔の型が今も使われているなんてステキですね。

― どのようなアレンジをされたんですか?

坂本さん
「ウサギの部分です。古典柄のウサギは
パっと見ると何の動物かわかりにくいので
現代風にアレンジしています」

※古典柄…琉球王朝時代に作られた型

次はシーサーです。

坂本さん
「赤でシーサーの強い雰囲気を表現してみました。ラフの『ゆるキャラ』のような雰囲気を出したくて笑顔で優しい感じにしています」

おぉ~(☆O☆)!!
スタッフが描いたラフのときは
こんなステキなシーサーになるなんて
想像できませんでした!!

鮮明な色合いに目を奪われますが
鬣(たてがみ)や尾、花模様のグラデーションが繊細でとってもキレイ!

次は、坂本さんが「難しかった」という
ハーリー

※ハーリー…豊漁と海上安全を祈願する船漕ぎ競争の行事

さわやかな色合いがとってもステキ(*^^*)
波しぶきからはハーリーという競技の
激しさが伝わってきます!

― どういった部分が難しかったですか?

坂本さん
「ハーリーは動きがあるので、その『躍動感をどう表現するか』が難しかったです。
息が合っている感じを漕ぎ手で
ダイナミックさを波で表現してみました」

全部お見せしたいですがチラ見せはここまで!

残りの作品はカレンダーを手に入れた方だけのお楽しみ♪
どれも色鮮やかかつ、手染めならではの温もりを感じる作品になっているので、ぜひ直接見ていただきたいと思います!

―次回予告―
紅型制作にかかせない独特のアイテムや
坂本さんが思う紅型の魅力について
ご紹介いたします。

お楽しみに!!


紅型を使ったカレンダーは
年末セールにて1万円以上ご購入いただいた方へ
先着1000名様にプレゼントしております。

カレンダーをGETする!!

■坂本希和子さん プロフィール


高知県出身
沖縄県立芸術大学 大学院工芸専修

幼少期より母親の生まれた石垣島で過ごすことが多く、南国の豊かな自然と鮮やかな色彩に感動したことが原体験となる。
自分の体験した感動を表現するため紅型を志す。

―受賞歴―
・2022年 琉球びんがたネクストデザインコンペティション グランプリ
・第31回 りゅうぎん紅型コンテスト 大賞
など他多数

現在は知念紅型研究所に勤務。

[坂本希和子さん:Instagram]

[記事:りゅうぎん紅型コンテスト]

[記事:第1回琉球びんがたネクストデザインコンペティション]

※ご注意
「オキトク特製カレンダー2023」は
紅型染めをした作品を
カレンダーに転写したものであり、
紅型の生地そのものではございません。

大切なお客様へ

当社商品は保管や取扱いの状況によりまして、品質に変化が生じる恐れがあります。
そのため、転売は一切認めておりません。
当社より購入された商品を許可なく転売すること、又は転売を目的として第3者へ提供すること、購入後又は提供後の転売も禁止しております。 品質保証・品質管理・安全管理・その他転売取引に関してのトラブル等につきましても、当社は責任を負えませんので、ご注意ください。 なお、これら転売が確認された場合速やかに法的措置をとらせていただくことがあります。

転売品を購入された場合のご注意

転売品をご購入された場合の返品・交換はお受けする事が出来ませんので、予めご了承ください。

Arrows